読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

東京大学を卒業しましたが、

東京大学を卒業したけれど、「何者」にもなれず社会の中に埋もれきったアラサー女子の、現状への反省も込めた徒然記です。

「資本主義という謎」を読みました。

【評価】
いまいち。

 

【関心】
先日読んですごくおもしろかった「資本主義の終焉と歴史の危機」(※)の「前」に当たる対談だという話を小耳見に挟んだので読んでみることにしました。

 

【感想】
「資本主義の終焉と歴史の危機」(※1)の方がおもしろかったし、分かりやすかったです。


対談だからなのかもしれませんが、話している内容が必ずしも一つのテーマに沿っているというわけではなく、どこか拡散してしまっているような印象を受けました。


また、私自身の問題として、大澤氏をこれまで全く知らず、著書すら読んだことがなかったため、前提知識が足りず、話の内容を十分に理解できないためにおもしろくないと思ってしまった部分もあると思います。


大澤氏の著書を読んだり、経済に関する理解を深めてからもう一度読んだらおもしろいと思えるのかもしれません。
いつか再読したいと思います。

 

 

「資本主義の終焉と歴史の危機」を読みました。 - 東京大学を卒業しましたが、

 

 

<関連記事>

 ・「金融恐慌とユダヤ・キリスト教」を読みました。 - 東京大学を卒業しましたが、

 

 

資本主義という謎 (NHK出版新書 400)

資本主義という謎 (NHK出版新書 400)