読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

東京大学を卒業しましたが、

東京大学を卒業したけれど、「何者」にもなれず社会の中に埋もれきったアラサー女子の、現状への反省も込めた徒然記です。

「書くことが思いつかない人のための文章教室」を読みました。

【評価】

いまいち。

 


【関心】

ブログを書いていると、「書きたいことはある気がするんだけど…」と思ったり、「うまく書けないな…」、「もっと文章が上手に書けたらいいのにな…」etcと思うことがよくあります。

なので、文章を書く上で、少しでも役に立てばいいな、と思い読んでみました。

 


【感想】

「良い子のための作文教室」という感じで、私としては物足りなかったです。
もう少し、「こういう風にして書きたいテーマを掘り下げてみましょう」とか、「こういう風に文章は書くといいです」というようなハウツー的なものを期待していたので、そういう意味では期待外れでした。
それでも、ところどころに、「あっ!」と思わせてくれる内容はありましたが…

対象年齢が小学校高学年~中学生、という感じの内容でした。

 

 

 

 

書くことが思いつかない人のための文章教室 (幻冬舎新書)

書くことが思いつかない人のための文章教室 (幻冬舎新書)