読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

東京大学を卒業しましたが、

東京大学を卒業したけれど、「何者」にもなれず社会の中に埋もれきったアラサー女子の、現状への反省も込めた徒然記です。

就職と転職についての徒然駄文

今日は、就職におけるコストと転職について特に意味のない徒然文を書かせていただきたいと思います。 【徒然転職トーク】 先日、男性友人の一人が「実家(首都圏外)に戻ろうか迷っている」という話をしていました。「求人チェックはしてはいるけど、給与面…

継続することと仕事と子育てについての雑感。

今日は、眠れなかった夜中に心に浮かんだよしなし事をそこはかとなく書いてみたいと思います。以下、駄文を失礼いたします。 【「継続」が難しいことについて】 最近、何かを継続して頑張り続けることができなくなったと感じることが増えた気がします。 上述…

「大人になる」って何だろう ~政治家の言い訳と子どもの言い訳と責任と+α

今週末は久しぶりの衆議院選挙です。 先日、解散に関するニュースを見ていたら、前回の解散のきっかけとなった野田総理(当時)と安倍総裁(当時)の党首討論を思い出しました。 衆議院の解散は、もっと密室などの「裏側」で決定されるものだと思っていたの…

受験競争、学歴(社会)の否定のその先にあるもの…?

東京大学を卒業したって、所詮「普通の人間」です。 そして、学歴は貴族のように生まれながらに与えられたものではなく、それなりの対価を払った上で得たものです。 だから、否定されたり都合よく担がれたりすると卑屈な気持ちになったりもするんです… 研究…

好きなことをする。だから、学ぶ。

文系学問を学ぶ理由って何だろう。そもそも、いくら学んだって、それは今の社会の中で活かされることはないのではないか。 そんなことを考えるとすごく憂うつな気持ちになるけれど、でも、「自分が学びたいから学ぶ」で学ぶことの理由は十分ではないのかと思…

今から大学で学び直したい?学ぶことの意味について考える。

一度社会に出てから、学費を払って大学・大学院で学びたいとは思いません。たぶん、求めている内容・レベルの教育機関は日本にないんだろうな、と思います。 学生のころ、「勉強すること」は私に未知なる可能性・世界を見せてくれ、そこに連れて行ってくれる…

つぶやきます。「大勢の中の匿名の個人」でしかない私。

私は所詮、世の中にたくさんいる東大卒の一人、大勢の中の匿名の個人でしかありません。 でも、それでも、世の中の役に立ちたいと思っています。どうしたら役に立てるのかはわからず…模索中です。